読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「岐阜の自然考」をめぐる旅

見て知ることが第一歩。あふれだす身近な自然への愛情を18名の執筆者が語るエッセイ『岐阜の自然考』。その舞台をめぐる旅に出ます。

[追記]食べておいしい外来種<番外編>ウシガエル

先日とある事業の取材で岐阜大学に行ったときのこと。取材も終盤に差し掛かったころ、ヌートリアでお馴染みのクライアント・M先生がどこからともなく風のように現れ、「これあげる」と結構重たい包みをオワコマに。ちょ、先生これなんですか?と聞くオワコマに「高級食材・・・」とだけ言い残し、風のように去っていったM先生。開けてみると、
f:id:aquatottotoday:20160519142836j:plain
じゃん。ウシガエルでした(≧∇≦)ギャース

頂いたときはカチコチに凍ってました。デカイです。2匹います。すっかりキレイに裸族です。えー・・・と思ったけどここまでキレイに処理してあったら食べられそう。みんな美味しい美味しい言ってるしね。というわけで「食べておいしい外来種・番外編」と銘打って、今回はウシガエル料理に挑戦しましょう。

 
半日かけて自然解凍。うわー太腿ムチムチです。すごい弾力。

f:id:aquatottotoday:20160519142837j:plain
食用として流通しているのは一般的にはこの脚の部分だけのようです。

せっかくなので今回は小さい方の1匹を姿揚げにしちゃいましょうか。
f:id:aquatottotoday:20160519142838j:plain
酒・醤油・塩・すりおろしニンニクとしょうが汁、レモン汁のタレに漬け込けこんで、冷蔵庫で4時間ほど。

もう1匹はバラします。手足の指を外すと一気に食材らしくなりますね~。
f:id:aquatottotoday:20160519142839j:plain
一番奥の上半身は揚げた方がよさげなので、姿揚げの漬けダレに追加投入。左側の後肢2本はさらに2分割。右側は腕と肩胛骨の辺りです。筋肉いっぱい付いてます、捨てるなんてもったいない。

太腿1本を開いてシンプルに塩、黒胡椒。
f:id:aquatottotoday:20160519142840j:plain
グリルにします。水分が多く、火が通るのに結構時間かかります。両面をじっくり。

できました。
f:id:aquatottotoday:20160519142841j:plain
一品目、ウシガエルのグリルでございます。

肢の残りの部位はタレを揉み込んで冷蔵庫で4時間。
f:id:aquatottotoday:20160519142842j:plain

フライパンで焼きます。フライ返しでしっかり押しつけて。
f:id:aquatottotoday:20160519142843j:plain
両面に焦げ目が付いたらフタをして弱火で数分。

できました。
f:id:aquatottotoday:20160519142844j:plain
二品目、タンドリーチキンならぬ、タンドリーウシガエルでございます。漬けダレはプレーンヨーグルト、ケチャップ、オリーブオイル、カレー粉を3:2:2:1、すりおろしにんにくとすりおろし生姜、塩少々です。パプリカ粉があればもっと見栄えがよくなりますが、無くても可。

外した手足は標本にしようと思ってとりあえず煮込んだのですが、
f:id:aquatottotoday:20160519142845j:plain
あれーなんか可食部いっぱいあるね。もったいないのでもう一品いきますか。

姿揚げ行きましょう。デカすぎて天ぷら鍋に入らなかったので中華鍋で。キッチンペーパーで水分を取ったら、小麦粉をまぶして低温でじっくり揚げていきます。バラけそうだったので爪楊枝で留めてますが、油に浸からないので途中で外しました。
f:id:aquatottotoday:20160519142846j:plain
うーんいいニオイだ~

できました。
f:id:aquatottotoday:20160519142847j:plain
ウシガエルの姿揚げでございます。おーなかなかのインパクトですがグロさは余りないですね、これもう美味しそうな予感しかしない。ポージングしなくても背中の反り具合とか、勝手にカエルっぽい形になってビックリ。

さっきの端肉でもう一品。
f:id:aquatottotoday:20160519142848j:plain
じゃん。ウシガエルとわけぎのヌタです。オワコマ家、ヌタは二枚貝じゃなくてササミ使うんだよね。だからきっとカエルでもいいはずだよね。

ここはやっぱりこちらでしょうか。カエルビールこと、ヤッホーブルーイングの「僕ビール、君ビール」。ローソンで買えます。指の数が気に入りませんが、かわいいデザイン。
f:id:aquatottotoday:20160519142849j:plain
それでは頂きまーす\(^o^)/

ウシガエル、肉質はこんな感じです。よく言われるように味も食感もほぼササミです。ちょっと水っぽいかな?大変上品で美味です。塩胡椒だけで十分美味しいですが、レモン絞ったら最高。
f:id:aquatottotoday:20160519142850j:plain
タンドリーガエルのような濃い味付けも非常によく合いますね。特筆したいのはとにかく姿揚げ=唐揚げの美味しさです。本当に美味しかった!途中でカエルであるということを全く忘れて没頭してしまいました。皮っぽくて正直食べるのをためらった上半身のおなかまわりも、カリカリにあげると非常に香ばしく美味。

ごちそうさまでした(-人-)
f:id:aquatottotoday:20160519142851j:plain
ちなみに今回の企画は子供たちには内緒です。学校で「うちのママ、ウシガエル食べたんだよ~」と言いふらすに決まっているからです。長男と同じ学年に義弟の子がいるのです、ウシガエル食ったなんて義実家に知れたら大変なことになります。ただでさえ「おかしな嫁」と思われてるのに。

ギルやバス、アメリカザリガニとおなじくウンザリするほどあちこちで遭遇するウシガエル、初めて食べてみましたが噂通りホントに美味しいことがよくわかりました。「しめる」ことに抵抗がなければ、駆除も兼ねて積極的に獲りに行きたいところなんですけどね。そう思うと、世の中の全ての「いきものを食材の形にしてくれている誰か」に改めて感謝です。
f:id:aquatottotoday:20160519142852j:plain
ブラックバスヌートリアに比べればよっぽどメジャーな食材だと思います。試しにクックパッドで「ウシガエル」と検索したら2件ヒットしましたクックパッド最強ですね(ヌートリアはさすがに0件)!みなさんも機会がありましたら是非~\(^o^)/

ヌートリアの食レポはこちら↓

ブラックバスの食レポはこちら↓