読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「岐阜の自然考」をめぐる旅

見て知ることが第一歩。あふれだす身近な自然への愛情を18名の執筆者が語るエッセイ『岐阜の自然考』。その舞台をめぐる旅に出ます。

躍進の果て・タイワンリス

ある日、金華山のふもと(大釜登山道)を散策していると林の中から「ザザッ!」という音が。あタイワンリス。

食べておいしい外来種(1)・ヌートリア

おととし(2014年)の話。オワコマ家カエル部、冬期に近所の田んぼで「冬眠中のナゴヤダルマガエルを見つけよう会」を催した際、部員見習いの長男(当時小学二年生・いきもの苦手)が「ママー!カバみたいなのがいたー!」と言ったことがありました。オワコ…